日本人の失業率や自殺率の増加に協力する労働基準監督局員


【Database】

2ちゃんねる掲示板に「自殺を促す仕事に関与した私の懺悔」という加害者と思われる書き込みがありました・・・
「情報収集の結果・・・・我々工作員はこの2つの情報から以下の工作を行うことにしました。・・・・ターゲットは、その後ビルの屋上から飛び降り自ら命を絶ったそうです。運悪く最後にターゲットに不幸を働きかけたのはこの私だったのです。この人を殺したという罪の意識にさいなまれここ(2ちゃねんる)へ書き込みました。多くの人達、特に若者達にこの事実を記憶の片隅にでも置いて頂いて、 殺人などの不幸を助長する仕事に手を染める悲劇を未然に防ぐ事だと
気付いたので生硬ではありますがこの文章を書きました。 この文章が官僚の目に留まり国に働きかけてこのような悲惨極まりない仕事を日本から追放してくれることを心から願っています。」

安倍幾多郎 『集団ストーカー認知・撲滅』

不都合な社員や退職させたい社員がいる際には、まず集団ストーカーと呼ばれる手口で、その社員の周辺に複数の人間が常につきまとい、その社員に精神的苦痛を与え続け、その社員がたまらなくなって、怒鳴ったり暴力を振るったりしやすいようにする、もしくは精神的苦痛で自殺しやすい状況にする行為を続ける・・・大手企業のこうしたやり口は・・・日本有数の大手法律事務所で常態化している疑いが、図らずも今回のオリンパス事件で改めて浮かび上がったようだ。
オリンパス敗訴で明らかになった女弁護士のブラック過ぎる手口

【Case Study】

  表題は最初に対応してくれた柿谷さんのことではありません。柿谷さんは、どちらかというと会社側が話していたことを包み隠さずにこちらに伝えてくれたり、こちらの意見や説明も真摯に聞いてくれたりして、また「思考解読機器」を濫用した犯罪に言及した際は、その読み取り装置のテクノロジー的な仕組みについて理解も大変早く、かなりの学識もお持ちのようにお見受けしました。

しかし、塾が出した「解雇通知書」を持参し、同じ時間帯に2回目に訪問した際には、なぜか柿谷さんは不在で、代わりに名前は名乗りませんでしたが、ちょっと若めの男性職員がそれを受け取りました。こちらが概略を説明すると、どうしたわけか会社側の肩をもつような釈明が多く、例えば、こちらが4月21日、口頭で解雇の通知を受けた段階で「早急に文書で解雇通知を出してください」と再三にわたって塾側にお願いしたにも拘らず1か月以上も遅らせて出してきたのは、解雇理由が不当であることを訴えられないようにするための意図的なもので、非常に汚いやり方であると考えられることを指摘すると、「とにかく形式上、通知を出していれば問題ない。関連の法律の条文にも何日以内までに出さなければいけないという規定はない」と言いました。その後、該当の条文を一緒に確認すると「解雇者は〝速やかに”解雇の通知を出す義務がある」と明記されているにもかかわらず、「まあここの所は目をつぶっていただいてえ」などとごまかし笑いする始末でした。また「解雇の理由が虚偽の内容に基づく場合は通知は無効」ともありましたが、私の解雇理由はまさに事実無根の言いがかりによるものであることを指摘しても、「我々はそれを調べることはしません」と、とにかく自分らの責任を回避するような釈明ばかりでした。

別にこの職員をかばうわけではありませんが、おそらくこの人は、自分がやっていることが日本人の失業率や自殺率の増加を助長させるといった、だいそれた動機で行動しているわけではないでしょう。もっと卑俗で自己保身的な理由、すなわち労基署の役人として、もし「不当解雇」という認識を示したら、それを指導する義務が発生するし、指導できなければマイナス評価になるから、見て見ぬふりを決め込んで、とぼけたほうが自分の出世のために得だ、くらいに考えているのではないでしょうか。

しかし、結果的に、例えば野村総研やオリンパスの事例のように、上司が若い女性社員に強制わいせつしようが、目障りな社員を辞めさせるために嫌がらせしようが、被害者を救済するどころか、逆に解雇することで犯罪を隠蔽する、現代の日本の企業の風潮づくりに手を貸していることになります。そこで、私は「今回の件は私一人が泣き寝入りすれば済むくらいに(関係者は)思っているのでしょうが、これは日本の企業全体の風潮になってるんです。それを是正するのが、そちらのお仕事ですよねえ。理不尽な理由で解雇されて、辛い思いしてる人がたくさんいるんですよ。お願いします。」と、この職員に労基署の本来の役目について覚醒してくれるよう申し入れをしておきました。

この新横浜の労基局が入っている同じ建物にハローワークもあり、私もそこへ何度か職探しに行ったのですが、相談員のカウンターには、どこも「いのちの電話」の番号が書かれたステッカーが貼ってあります。

元検死官の上野正彦氏の著書にと『自殺の9割は他殺である』いう有名なドキュメンタリー本がありますが、集団ストーカー犯罪に参加している皆さんは、人殺しに協力していることを是非、肝に銘じてほしいと思います。

理不尽で不当な扱いを受け、自ら命を絶たれた方々のご冥福をお祈りします。

<<同称十念>>
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏

続く
スポンサーサイト

続 アメリカ人による焚書坑儒の歴史 


【Database】

(戦後)私は福島区で原爆展をやるという運動に加わっていた。そこに公安の者が来てこう言った。「占領下で原爆展やるいうのはアメリカ人に対する挑発です。どうしてもやるなら、あんたらをウィロビー少将覚書違反で逮捕することになる。井形さん、あんたも特高におったんやからわかるでしょう。それを覚悟でやるんですか」。GHQは、日本の民主化を進めるためにいたはずだが、一面で占領政策に都合の悪いことは厳しく取締った。・・・結局、その時は原爆展を開くことはできなかった。
 井形正寿『「特高」経験者として伝えたいこと』

警察庁では、「Aがダメだといっている」の一言で[事件の捜査は中止され]捜査本部が一瞬で消える…「A」というのは、アメリカ大使館のことを指す、警察庁の隠語です。
 苫米地英人『洗脳支配』


【Case Study】
 
さて6月15日水曜、野毛山にある横浜市中央図書館へ行って戦前の書籍を閲覧していたところ、昭和十年発行の以下の本の、ある章だけがまるごと引きちぎられて紛失していました。

前田稔靖 著 『日本刀物語』 九大日本刀硏究會, 1935

という本なのですが、GHQアメリカ人による日本人への思想統制(つまり集団マインドコントロール)が具体的にどう行われたかの手がかりを探すべく本を開くと、目次にあった「日本精神と日本刀」という章題に目が留まりました。早速ページをめくったのですがしかし、なぜかみつかりません。そのかわり同書第7ページから12ページまで引きちぎられた跡があって、もう一度目次を確認すると実はこのなくなっている範囲がまるまる「日本精神と日本刀」という章にあたる部分でした。

アメリカ人が日本人に対して行った焚書坑儒や集団マインドコントロールの歴史を考えると、当該「日本精神と日本刀」の章だけが盗まれているのは偶然とは思えず、いったい何が書かれていたのか益々気になったのでした。

また、犯人はもちろん日本語が堪能な者でしょうから、戦前は特高警察として、また戦後はアメリカ人支配者の手先として思想統制(集団マインドコントロール)と言論弾圧を実行した公安警察の連中の犯行かなあなどと想像してみた次第です。

アメリカ人による焚書坑儒の歴史

 
【Database】
日本人は「属国」という言葉を嫌いますが、アメリカから見れば、日本はアメリカの若者の血で勝ち取った領土ですから、「属国」でしかありません。アメリカの議員たちは、日本を「属国」だと思っています。
苫米地英人『原発洗脳』

【Case Study】
1945年、アメリカ人が日本国土の軍事侵略を完了した際、征服された日本人に対しWGIPと呼ばれる洗脳政策が開始され、「日本人=悪」「アメリカ人=正義」という妄想の刷り込みが今日に至るまで行われてきたことは歴史をよく勉強されている方はご周知のことと思います。ところで敗戦当時、文字どおりの焚書坑儒がアメリカ人によって行われていたことはご存知だったでしょうか。

 たとえば以下は私がアメリカの大学に留学中、大学図書館でアメリカ人侵略者が日本から持ち帰った戦前発行の日本語書籍からの引用なのですが、この本も日本ではアメリカ人支配者によって焚書されたため、目にすることは、できないそうです。


杉山 平助『支那と支那人と日本』改造社 1938年
(注:旧漢字はタイピングの都合上、常用漢字に改めさせていただきました)


これまでの日本の一般民衆のやうに、支那人を頭ごなしにチヤンコロと軽蔑してゐたのも間ちがつてゐる。しかし日本の知識階級は(その中には私自身も含めて)これまで、いさゝか支那人を買ひ被りすぎてゐたことも、ソロヽ気がつかなければなるまい。(p.24)
有史以来、国を失ふこと両三度、そのたびに体面も誇りも、泥にまみれ、散々に汚され、踏みにぢられた苦々しい記憶を、いつぱい背負ひこんでゐるところの子孫なのである。・・かくて、彼等は、性格のどこかに・・ネヂケて、ヒガンで、陰性で、被虐的で、二筋縄や三筋縄ではいかない厄介なシロモノになつてしまつたのだ・・我々の畏敬する古代支那人と、今の支那人は似ても似つかないものなのである。(p.27)
(支那人の)自尊心の強烈なることは、実に驚歎するよりほ外はない・・彼等は、あれだけ(日本軍に)散々に叩きのめされた今日でも、心の奥底では頑として、自分たちは日本などより比較にならん優秀なものだと、心得切つてゐるのである。そして・・その表面的恭順さにもかゝはらず、内心では日本人を軽蔑し切つてゐるのだ。
もちろん、この自惚れの由来するところは、遠くて且つ久しい。自ら中華と号して、外国をすべて夷狄と見る伝統が、驚くべき隅々にまで行きわたつてゐる。そして、それに何等の客観的根拠もないことは、すこしも彼等には苦にはならないらしい。(p.28) 陰謀術策及び宣伝の天才としての支那人については、よく知れ渡つてゐる。正直で、気短かで、思つてゐることを直ぐ顔に出してしまふやうな陽性な日本人が、無限に気が長くて、口で云ふことゝ腹の中とはいつも違つてゐる、陰性な支那人に対し、陰謀なんかで争つて勝てるわけはないのである・・彼等が自ら賢しとして己惚れてゐる優越感は、多少その辺からも来てゐるのである。
しかし陰謀はつひに陰謀だ。頽廃した知的遊戯にすぎない。いつたい陰謀術数なんぞの巧妙な人間に、本当の意味で頭脳のいゝものがあるわけがない。

   彼等は何を見ても、これを遊戯化し、最も低い意味において功利化してしまふ。おそらく支那人には、日本人のいふ気合ひといふものが、絶対にわからないにちがひない。彼等は古来の各種の武術さへ、軽業のやうに遊戯化して、真剣といふ意識を完全に喪失してしまつてゐる。(p.31-32)
   
   支那人は、口を開けば、日本には固有の文化がなく、すべては模倣だと云つて軽蔑し、自分たちの祖先伝来の文化を鼻にかけるのが常だ。しかし、彼らの御自慢の文化なるものは、すでに何千年も前の人の残した糟粕にすぎない。それは現代の彼等とは、何等かゝはりもなく、彼等自身は、何一つ誇るべきものを生み出してゐないといふことを、反省し得ないのだ。いつたい支那人は・・文において劣るのを、甚しい恥辱とする。(p.32)
陰性な性格の頑強さでは、支那人は無比の力を具へてゐる・・支那人のさうした性格の頑固さには、積極的な能動性が附随せず、従つてたいした危険もないのだから、知らん顔して放つておけばいゝのである。(p.38)

或る英国人で、祖父の時代から三代続いて支那で商売を営んでゐるものが、かく語つた。「・・支那人といふものは、他人と協同の仕事なんぞ絶対に出来る人種でないといふことを、我々は長い経験によつて、知らされ抜いてゐるから、決してそんな計画を立てたことがない。しかるに日本人は、いつまでもお人よしな夢を見つゝ゛けてゐるのであろう。」
支那人など、人間と思ふな、豚だと思へ、といへば如何にも乱暴非人道に聞えるが、英国人や米国人は、事実其通りに考へ、その通り実行してゐる。そして日本人よりはるかに多くの尊敬を支那人からあつめてゐるのだ。現在米国でキイキイ声をあげてゐる平和主義婦人の支那同情者など、夢にも支那人を豚以上に考へてゐやしない。私は、その通りにやれといふのではない。ただ、さういふ事実を認識してかゝれ、といふのである。(p.38-39)

 南京から避難民が逃げ出す時は、たいがい英国の汽船に乗つて逃げたのである。それが非常な狼狽で、もはや甲板にのり切れないほど乗つてしまつても、なほ後からつめかけて、無理に乗ろうとする。それを、英国人の船員は、殴りつけ・・多くの支那人は河の中へはまりこんで溺れて行く。これが日本の船員なら、驚いて、縄を投げたり、ブイをほうつたり大騒ぎするところであるが、英人の舟は、知らん顔をしてサッサと出してしまふ。彼等は支那人といふものを、頭から人間扱ひにしていないからである。 それでゐて、支那政府は、英国と仲が好く、日本とは、こんな戦争をおつぱじめてしまつた。(p.340-341)

LETTER TO THE US ATTORNEY GENERAL

LETTER TO THE US ATTORNEY GENERAL LORETTA E. LYNCH

US ATTORNEY GENERAL LORETTA E. LYNCH
Department of Justice 950 Pennsylvania Avenue, NW Washington, DC 20530-0001

Subject: Complaints by Victims of Gang Stalking and Electronic Assault Not Taken Seriously

Dear Attorney General Lynch:

The United States of America touts itself as the world’s champion of human rights; yet, it completely ignores a group of Americans who find themselves disenfranchised of the most basic human rights. I am talking about victims of systematic gang stalking and remote-driven physical and neurological attacks, assaulted by unseen and unknown attackers using COINTELPRO tactics and obviously highly classified devices/methods. Those victims refer to themselves as targets.

Some of the officers under your authority must necessarily know about this form of domestic terrorism although it receives no attention from the government on any level, from any law enforcement official, or from the media. Nevertheless, our complaints go uninvestigated. Congresspersons, executive branch individuals, including the FBI, and local and state authorities do not even answer our letters of complaints. In addition, local, state, and national law enforcement often stigmatize us as psychotic or paranoid schizophrenic. Indeed, we readily acknowledge that normal people who are continually harassed day and night do sometimes appear psychotic; however, the psychosis in their cases is induced rather than somatic.

Targets recognize that the symptoms of some of the recent shooters and mass murderers who have received international attention are often those of targeted individuals. Most targets, however, present no threat to anyone or to themselves. Notwithstanding, many of them find themselves isolated from family and friends, jobless, and oftentimes homeless. They suffer alone.

I urge you to appoint one of your highly trained and educated staff workers to research the topic of targeting. Many of us targets could be very helpful in orienting that person on the subject. A mass of material in the form of patent applications, documented precedents, credible published material, and targets’ personal stories await a serious study by the office of the attorney general.

I hope that you will view this letter in the same sense of urgency in which it is written—as a concerned citizen who wishes to lend authenticity and sincerity to the U.S.’s commitment to human rights. The apparent proliferation of targeting presents a challenge to the very existence of our form of democracy. Thank you for your consideration.

Respectfully yours,

Max H. Williams, PhD
Foreign Service (ret.)

via John Finch to this webmaster

「証拠は、あるのかっ!!」

今月(2016年6月)から晴れて失業者になりました。
ありがたいことに「この先、不安でしょう」と、いろいろ心配してくださる方もいらっしゃいますが、一応、大学では心理学を専攻した当方として、このようなときは、「ははは、これからどんな仕事に応募してもいい自由があるぞ!」とポジティブに状況を楽しんでおります。

ところで先日、求職活動でハローワークへ行った際、職員の方が気になる発言をしておられました。私が前の職場で受けた嫌がらせの数々や、それを告発したら、問題を調査してくれるのではなく、逆に私が解雇されたことなどは、あまり他言しないほうがいいというものでした。その理由が「会社の悪口を言うことになり、次に探す仕事先の会社の人も自分の会社の悪口を言われるのではないかと心配して採用されにくくなるかもしれないから」とのことでした。実は私を解雇した塾でも、採用に関与する役付きの人たちが同様のことをほのめかしていました。(なお、この担当者の方は無事に相談者の就職が決まってほしい親心から、そう言ってくださったことは承知しています。またお陰様で、このときにお世話していただいた会社に採用されることとなり、感謝しています。)

しかしここで気をつけなければならないのは、個人情報の窃盗や嫌がらせをしている側の非常に悪意に満ちた意図的な言葉の「すり替え」が行われている点です。私が告発しているのは、被害者の自殺などにつながるような「犯罪の告発」であり、子どもじみた「悪口」などとはまったく異なります。

他にも「ストーカー行為」や個人情報などの「窃盗」、「盗撮/盗聴」を“監視”と言い換えることで、実行犯たちが罪悪感を持たないようマインドコントロールされていることは、関係者の皆様はよくご存じだと思います。(この記事を再編集している2016年8月7日の昼食時に入った南相馬の食堂へストーカーしにやってきた、脳のAmygdalaを長年マインドコントロールされたらしい20代のいかにも変態の男2二人組も、この「監視」という言い換えを使って、ストーカー犯罪を楽しそうに行っていました。)
adrenalinepicture borrowed from: neilslade.com/gifs/amygdala1.jpg

また警察官(を兼業している犯罪者)が行う犯罪を、犯罪とは呼ばず「不祥事」と言い習わし、この警察内部の犯罪者らによる公金横領や詐取を「裏金作り」と言い換えて、あたかも普通の犯罪とは違うかのような印象操作で、ごまかすことはもう数十年来、堂々と行われてきていることですね。

さて連載記事「職場での嫌がらせ」の続きになりますが、悪口といえば件のYさんが、授業が始まった直後、教材が盗まれていたことに気づいた私がコピーを頼むと「何で私が、こんなことしなきゃならないんですか!」とわめき、生徒、講師一同みんなへ聞こえよがしに大きな声で「それに、ちゃんと準備してなくて生徒にだって失礼じゃないですか!」と、あたかも私が準備をちゃんとしないだめな人間かのように印象付けるような行為を悪口というのではないでしょうか。つまり「誹謗中傷」を行ったのは私ではなく、むしろYさんんおほうで私は誹謗中傷の被害者だということです。あるいはそのときの状況をレポートしたメールに登場するNG先生などは生徒に対して「H先生(私のこと)の本業はホームレスだ」などと人を馬鹿にしたことを言って生徒を笑わせたりしていたことをある生徒が教えてくれましたが、これなども悪口の典型でしょう。

なおこのNG先生も、直前講習中のある日、出勤前に私が自宅アパートのトイレで代弁中に「思った」内容を、職場に着くと、私の目の前で、Yさんに向かってしゃべっていました。これなどが「思考解読機器」を濫用、悪用し、告発した被害者が荒唐無稽な「妄想」を語る統合失調症にでっちあげる人権侵害だと告発しているのであり、悪口などとは次元が違います。

げんに、このようなことを言うと「証拠は、あるのかっ!!」と加害者らは異口同音に開き直りますが、このせりふはまさにドラマなどでは犯罪者が口にする決まり文句ですよね(笑。こうやってすごめば、被害者は泣き寝入りすると「学習」したのでしょう。つまり物的証拠を残さなければどんな犯罪をやってもいいという、完全犯罪を尊ぶアングロサクソン人の文化に毒された人の思考パターンをよく表しています。北九州連続殺人事件の松永太そのものです。塾のS副社長が私に解雇を言い渡した4月21日のウェッブ面談でも、私が数々の陰湿な嫌がらせを受けたことを説明するとS副社長が、やはり「証拠はあるのかっ!」とまるでドラマの真犯人のようにムキになって否定していました(笑)。

このおかげでわれわれ日本人が大量に誘拐され北朝鮮へ強制連行され監禁されても、警察は捜査はおろか、事件として認定もしなかったのですから、その罪は大きいといえます。そして当の警察官が「物的証拠をつかまれなければ、どんな犯罪をやっても許される」とばかりに、警察官自らが税金の詐取から、個人情報の窃盗、ストーキング、痴漢、強姦、殺人まで犯罪のやり放題なのですから、この物的証拠崇拝主義は危険きわまりありません。

もちろん、この物証主義は、過去に西洋の魔女狩りやレッド・パージ、戦後日本の戦犯狩りなどにみられるよう、権力犯罪者が十分な証拠も裁判もなしに、無実の人々を有罪にした歴史の反省から生まれた概念であることは十分、承知しています。しかし、それを運用する人間が「バレなければ嘘を吐いてもいい」という考えを持っていれば、どんなに高邁な理想も弱者を保護する武器ではなく、犯罪者を擁護する凶器と化してしまいます。実際、「個人情報保護法」などは集団ストーカー犯罪者らが、自分たちが窃盗した情報のやりとりを捜査されないように犯罪を保護するために使われています。

You are in the worng side of the bars!!


会社の寮を出ることになったので鶴見区に引っ越しました。ここ鶴見でも一般車両だけでなく警察、消防車両による集団ストーカー(COINTELPRO)犯罪行為が執拗に行われています。

 鶴見駅西口のSEIYUそばに大きな横断幕がかかっていて犯罪をさせない やらない 許さない」という、なんともごろの悪いというか、韻のセンスのない警察の防犯標語が掲げられていますが、ぜひこれを街中ではなく「鶴見署内」の壁に掛けて警察官がよく見るようにしてほしいものです。

カリフォルニアに留学時、ある日、ロサンゼル市庁舎そばで学生らしきアメリカ人の若者が数人、デモ行進をやっていて「You are in the worng side of the bars!!」とシュプレッヒコールをあげていたのを思い出します。さすが犯罪者が支配する犯罪の国ならではの見事な表現だと思いました。

昭和20年、この犯罪の国の侵略者たちの属領にされ、数十年かけて洗脳、マインドコントロールされた現代日本人も、今や集団ストーカー犯罪をやる犯罪者が支配する犯罪の国の奴隷になったのですから、こういう巧みな英語の表現センスをこそ、ご主人様から学ぶべきではないでしょうか。

解雇通知書

2016年5月31日に同日付けで塾の事務の方が解雇通知を持ってきました。
趣旨は以下のようなものでした。

****************************
2016年5月31日
株式会社 学究社帰国教育
代表取締役 梅谷泰弘

解雇通知書
 
下記の事由に基づき、貴殿を平成5月31日(原文ママ)で解雇することを通知します。解雇予告日は4月21日とし、労働基準法第20条第1項の定めに基づき、以下のとおり、解雇予告手当を支払います。



解雇事由: 特定の社員に対する誹謗・中小を親会社を含む関連会社4社の多数の社員、事業所に対しEメールで流布したことに対して、社長、副社長と貴殿との4時間を超す事情確認のウェッブ面談において、反省の意を示さず自分の行為を正当化した。

根拠規定:就業規則 第14条
[以下略]」
*********************************

という事実無根の事由で非常に人間を馬鹿にしたものでした。

心理学的に言えば彼らがやっている卑劣な行為を私に「投影」したものといえ、「そっくりそのまま、この言葉を、あなたにお返しします」といいたいところですが、こうして私を挑発し怒らせることも、一連の彼らの企みの目的に含まれているのでしょう。

なお4月21日の時点で私は塾に対してこの通知書にあたるものを「すみやかに文書で出してください」と再三お願いしたにも関わらず、解雇の5月31日ぎりぎりまで出しませんでした。何か裏があるのだろうと思っていたら、こんなことでした。

まず彼らは先手を打って解雇予告日の4月21日から2,3日後に私より先に労働基準監督署へ行き、解雇通知は解雇の5月31日ぎりぎりに出してもかまわないと労基局員から言質を取っていました。ということは労基局員は解雇される弱者である私ではなく、悪質な犯罪を隠蔽するために、あろうことか犯罪の被害者を解雇をする会社経営者に都合がいいように入れ知恵している構図が見て取れますがこれについては稿を改めて詳述したいと思います。

さらに労基局担当者の柿谷さんに彼らが伝えた解雇理由は上記の通知にあるようなものではなく、別の理由、すなわち「(私が)電波がどうのこうのと言っているので、そんな人間を教壇に立たせるわけにいかない」という全く違った内容で、さも私が統合失調症患者の支離滅裂な発言を塾内でしたかのような印象操作を行う悪質な内容だったそうです。しかも上記の正式な通知書にも登場する肝心のEメールについては、柿谷さんに現物を見せていないそうです。どうして解雇の最大の理由となるそのメールをまず労基局担当者に見せなかったのでしょうか?それは、メールにある「私が他の社員を誹謗中傷した」というのが事実無根であることが発覚するのを恐れていたからではないでしょうか。現に労基局の担当者は、私が損害賠償の訴訟を起こすかもしれないことを、彼らは最も心配していると教えてくれました。

もうひとつ考えられるのは、当該メール内で私が言及した事実なのですが、冬期・直前講習のとき、塾のS副社長が私一人に、1か月あたり100時間にもなる異常なまでの数の授業を私一人に押し付けたことを労基局に知られるとまずいと思ったのではないでしょうか。件の「ウェッブ面談」でこの点を指摘したときも、S副社長は「そんなことはない。ほかの先生も同じくらい授業を持っていた」と弁解し、どの先生が何時間授業時間数があったというのを、つらつらと1の桁まで次々に言うので、どうせハッタリだろうと思い、「じゃあ帳簿を見せてください」と言うと、しどろもどろに渋り、ようやく「見せてもいい」と口では言ったものの、結局、見せずに逃げましたから、やっぱりハッタリだったのでしょう(笑)。

とにかく私がどちらにしても解雇には同意するから損害賠償請求や不当解雇申し立てはしない、が、上記のような「懲戒」的な理由は承服しかねるから、内容を改めてほしいと伝えてくれとお願いしました。それにたいして塾の事務のHさんづてに「懲戒解雇じゃない」と伝えてきたので、解雇通知書より前に送られてきた「離職証明」という役所に出す書類へ私は安心して「解雇に同意する」という欄に署名捺印しました。しかしその跡で初めて出してきた解雇通知には「懲戒的事由」での解雇が書かれているのでありました。

上司の犯罪を告発する被害者を「精神病」や「名誉毀損」にして抹殺する日本の企業

2011.Sep.11 Live Door News

オリンパス敗訴で明らかになった女弁護士のブラック過ぎる手口 [抜粋]

「悪質な企業では、会社にとって都合のよくない社員に対して『精神的なケアをする』との名目で、会社お抱えの産業医に診断をさせるんです。この産業医が会社とグルで、その社員を『君は精神分裂症だ』『重度のウツなので治療が必要』などと診断し、精神病院へ措置入院させたり、合法的に解雇してしまい、事実が隠蔽されてしまう。過去にセクハラを訴えた多くのOLなどがこの手口で社会的に抹殺されていますし、今回のHさんもそのひとりの疑いがあります」

・・・野村総研の上海支社副総経理(副支社長に相当)であるY田氏が、取引先の女性営業担当者A子さんの家に上がり込み、抱きつき、押し倒すなどの強制わいせつを働いた事件。女性は事件後に退社しているが、Y田氏はいまだ何の処分も受けてない。[A子さんは]このことを野村総研に抗議したことで「名誉毀損」と逆ギレ訴訟を起こされた・・・

不都合な社員や退職させたい社員がいる際には、まず集団ストーカーと呼ばれる手口で、その社員の周辺に複数の人間が常につきまとい、その社員に精神的苦痛を与え続け、その社員がたまらなくなって、怒鳴ったり暴力を振るったりしやすいようにする、もしくは精神的苦痛で自殺しやすい状況にする行為を続ける

このような集団ストーカー行為、もしくは産業医の制度を悪用する手口を使って、被害を訴える個人に対し、精神分裂症等の精神病として診断書を作成して被害者の発言の信憑性を低下させ、その上で産業医が治療と称し措置入院等を行う事で、報道、捜査機関、裁判所等を欺いて対応が出来ないようにし、さらに一般市民を自殺や泣き寝入りに追い込む

http://news.livedoor.com/article/detail/5852938/
Profile

cointelpro mk ultra

Author:cointelpro mk ultra
The writer of 『拝啓 日本のギャングストーカー犯罪者の皆様』(Dear COINTELPRO Criminals) <集団ストーカーの死> (The Death of COINTELPRO Stalkers), and "Unprecedented Human Rights Violation" Discussion Room / Study Room. Also a co-editor of 「新しいタイプの人権侵害・暴力」(Unprecedented Human Rights Violation)

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR