Letter from MCMailteam

 これはオーストラリアの人権擁護団体から回覧用にいつもいただいている手紙の最新のものです。
仮定法(古文でいう反実仮想)が効果的に使われている、お手本のような文体で英語表現の勉強にもなりますね。

THE PROOF

By Mike Patrick

 

For organized stalking and the satellite technology/weapon to not exist, the following would have to be true:

 

  1. Organized stalking does not exist.  The FBI stopped all COINTELPRO-type activities after congressional hearings in the 1970’s.

     

  2. The large and constantly expanding group of people who report being stalked, monitored, harassed, intimidated, threatened, vandalized, etc. by a large, well-organized group would have to ALL be wrong.  Our personal testimony would have to be wrong.  For some reason, we are all imagining it or making it up.  No one does these things in the United States anymore.  It all stopped in the 1970’s.  To believe otherwise is evidence of a “delusional belief system”.

     

  3. ALL of the books, articles, websites, blogs, petitions, Facebook pages, papers, letters, etc. dealing with organized stalking, technological assault/torture and mind control would have to be wrong.  For some reason, we made all of this stuff up, and invested considerable time and effort in doing so.

     

  4. Ted Gunderson’s sworn affidavit on gang stalking (organized stalking) would have to be wrong.  Mr. Gunderson worked for the FBI for nearly three decades between 1951 and 1979 and retired from the FBI as Senior Special Agent in Charge of the Los Angeles FBI.  In the 2011 affidavit, Mr. Gunderson stated, “This makes the F.B.I.’s former COINTELPRO program, which I worked on, including in a supervisory capacity, look like a Sunday school program by comparison.”    

     

  5. I somehow “invented” this satellite weapon, arguably the most powerful surveillance tool and weapon ever developed, ahead of every military and intelligence agency in the world.  I did this without any expertise in satellite technology or energy.

     

  6. No one has been able to develop this satellite weapon in over 50 years since satellites were first launched.  No one has been able to figure out how to put energy on our brains and bodies using a satellite.  It’s a simple, yet extremely powerful, concept.

     

 

  1. The strongest theory ever advanced for “hearing voices” and for “mental illness” would have to be invalid.  Even though it explains virtually everything, something would have to cause the satellite theory to fail.  To date, no one has said what that is.  The mental health profession won’t even respond.

     

  2. The mental health profession has never even had a decent theory for “hearing voices” or for “mental illness”.  “Brain chemistry” and “chemical imbalance”, which are a complete mystery to most people, are the best “explanations” they have.  “Mental health” remains completely subjective, even though lives are often forever changed or lost.

     

  3. The physical pains, sensations and conditions which often accompany “mental illness” would remain inexplicable, imagined “somatoform disorders”.  After decades, no one knows what causes any of them.  They just mysteriously coincide with “voices” and other symptoms of “mental illness”.  Why does “mental illness” cause diarrhea and tooth pain?

     

  4. Numerous physical conditions, illnesses and diseases would remain inexplicable.  Even with the vast scientific and technological advances, no one has been able to determine what causes them.  The medical profession doesn’t seem interested in energy.    

     

  5. Everyone who has reported having energy on his or her brain and body would have to be wrong.  Our personal testimony would have to be wrong.  For some reason, we are all imagining it or making it up.  We have all developed an inexplicable fascination with energy.

     

  6. Everyone who believes he or she is not “mentally ill”, something else is going on, would have to be wrong.  Millions of people have lost touch with reality and can’t comprehend their “illness”. 

     

  7. For some reason, millions of people still don’t want help with their “mental illness”.  They must be forced into “treatment”.  Conversely, most people still want help with their physical illnesses.  They don’t have to be involuntarily “treated” or medicated.

     

  8. As much sense as it makes, “mental illness” is not used by criminals and “Nazis” to control, discredit, torture, destroy and kill people.

     

  9. Mass shootings result from inexplicable, uncontrollable anger caused by “mental illness”, not satellite torture.  The FBI, state and local law enforcement and everyone else can’t make sense of these horrific events.  Why are these people so angry? 

     

  10. Muslims committing violent acts within the United States are “terrorists”, not “mentally ill”.  For Muslims, the “terrorist” label overrides “hearing voices” and “mental illness” (example: Omar Mateen, the Orlando mass shooting tragedy).

     

  11. People who hear the “Voice of God” are either “mentally ill” or God is really talking to them.  It can’t be satellite communication.

     

  12. Accurate numbers with respect to people “hearing voices” and experiencing other symptoms of “mental illness” will show that these symptoms have remained somewhat constant, on a percentage basis, going back in time.  No one is willing to produce these numbers even though they would end this highly contentious debate.  The mental health profession won’t even respond.

     

  13. Accurate numbers with respect to various “inexplicable” physical conditions, illnesses and diseases will not show a correlation with the introduction of satellite technology capable of putting energy on our brains and bodies.  Conditions such as irritable bowel syndrome, acid reflux and erectile dysfunction have always existed at roughly the same level on a percentage basis.

     

  14. The mental health profession should not be required to defend their DSM or their profession, or to produce accurate numbers.  They should not be forced to comply with “Scientific Method”.  We just need to accept that they know more about our brains and bodies than we do.  No one should challenge them.  After all, they are highly trained doctors.

     

  15. Mental health professionals are good, honest people truly trying to help those suffering from “mental illness”.  They are doing their best to find a cure for “mental illness”.  They are not “Nazi” doctors who support and provide cover for torture and genocide.  There haven’t been Nazi doctors since the Holocaust.  That ideology just disappeared.     

     

  16. Government, military, national security and law enforcement officials are not complicit in organized stalking or satellite assault and torture.  There is some other reason they are rude, defensive and evasive with people who report these extremely serious crimes.  Why has no one taken a position that organized stalking and the satellite technology/weapon do not exist?  That should be easy, right?

     

  17. Everyone who continues to ignore all of the information and victim testimony is justified.  It’s all just conspiratorial nonsense.

     

  18. 9/11 was perpetrated by 19 Muslim terrorists with box cutters, not by “zapping” and killing the pilots using satellite energy and remotely taking control of the planes.

     

  19. All plane crashes and disappearances were caused by something other than satellite.

     

  20. Something which explains much of what is bad in the world is invalid.  A satellite cannot do these things.  No one is using energy as a weapon.

     

  21. Someone needs to grab the patent for this satellite technology.  It will be worth a fortune someday, and we need to prevent the next Hitler from taking control of the entire planet and destroying humanity.

スポンサーサイト

FINAL EXAM

集団マインドコントロール予防授業   
【期末テスト】

では洗脳とマインドコントロールについてどれくらい理解が深まったか試してみましょう。慶応大SFCの設問は選択肢もよく考えられている良問が多いですから、どれくらい正確に読解できたか測るのに適しています。ぜひ本文の下にある設問[51]から[60]までを実際に解いてみてください。さて10問中、何問解けるか楽しみですね。

これまで解説したキーワードをここでまとめておきます。
★the 1st face of power:
coercive, direct,  visible →  Brainwash

--- With social media / communication ---↴
★the 2nd face of power:
frame your preferences by changing your situations;
  legitimate, co-optive, hidden invisible → Mind Control
/ sometimes visible → Brainwash

★the 3rd face of power: shape initial preferences by determining your very wants [=initial preferences],
hidden invisible → Mind Control  




では最初の問題をみてみましょう。

[51] "when push comes to shove"というフレーズの「この文脈での」意味を選ぶ問題です。

正解は1. When all the easy solutions to a problem have not worked and something more radical must be done.

単語にしろフレーズにしろ、言葉の持つ意味には幅があります。だからどんなトピックのなかで、どういうふうに使われるかによってその意味や訳語も変わってきます。戦後、通訳の神様とまで呼ばれた、ある大御所の方は、人から英単語の意味を聞かれると必ず「それはどんな文のなかで使われていますか?」と聞き返されたそうです。

この慶応大SFCの問題も、プロなみ
の正確さが要求されていますが、全体的な
出題スタイルを見てもおそらくネイティブか帰国子女の先生が作っているのではないかと思われます。そこでSFCなどを受験される方、また英検で言えば準1級に手が届きそうな頃になった方は、ぜひ日頃から英英辞典を使うことをお勧めします。私は翻訳の仕事を頼まれたり、英語の授業の準備をするときなどは同じ単語を4,5種類の辞書にあたって調べることがあります。英英辞典といえばOxfordとかWebsterが有名ですね。私も時々参照しますが、どちらももともとネイティブ向けで我々日本語ネイティブにとっての「国語辞典」みたいなものです。だから、やはり外国語として英単語の意味を調べる人も意識して編集されたものがわかりやすくて、挫折することも少ないでしょう。なかでも私の留学時代からのお気に入りで、英語を外国語として学習している人にお勧めなのはインターネットの無料辞書サイト「The Free Dictionary」です。早速、同サイトで"when push comes to shove"を調べてみると次のようなdefinitionが見つかりました。

When all the easy solutions to a problem have not worked, and something must be done.

気づきました? 慶応大SFCの問題の正解の選択肢1.ともう一度、見比べてください。え!と思わず声が出そうになるほど似ていますよね。SFCの出題委員の先生も「The Free Dictionary」がお気に入りなのかどうかはわかりませんが(笑)、とにかく日ごろから英英辞書を使うことをお勧めする理由がわかってもらえると嬉しいなと思い、ちょっと紹介させてもらいました.

次の問題。
[52] an example of Dhal's theory of powerは、どれ?

それぞの選択肢のキーワードを拾ってみましょう。
 1. assistance,  2. social networks,  4. communication 
・・・1,2,4はどれも作用が双方向的で、協力的な感じです。
 3. coercive ・・・3だけ一方的、上から目線です。本人が嫌でも、こちらの言うことを聞かせるのがpower 第一の顔、つまり洗脳でしたね。よってこの3が正解。

次の問題。
[53] "agenda-setting"ってどういう意味? ただしas used in this articleとあります。最初に説明したように「この文脈では」と条件をつけていますね。実は機械翻訳が人工知能なしには、うまくいかない理由もここにあります。単語やフレーズはどんな場面で何の話をしているかによって変わりますが、翻訳ソフトはそこまで読み取って「考える」ことはできないからですね。


もう1点、慶応大学などのように競争倍率の高い学校は、勉強不足の受験者を振り落とす必要がありますから入試問題をある程度難しくしていることは皆さんよくご存じでしょう。そして択一問題を難しくする方法のひとつが、この問題[53]のように、ある選択肢の前半(または後半部分)は正しいんだけど、残りの部分が間違っているものを混ぜておくことです。


例えば選択肢1.の An actor controls the agenda of actions...
それから選択肢4.の Policy makers control the agenda...
の部分はそれぞれ"agenda-setting"の説明として正しいんですよね。でもそれ以外の部分が間違っている、という仕掛けになっているので正解を選ぶのが難しく感じるわけです。これはほかにも早稲田や上智大の問題、また英語だけでなく国語や社会のマークシート方式問題、それに国家I種試験にもよくみられるテクニックです。
さて正解は、2.です。しつこいようですが、「この文のなかでの」 safe (issues)はどういう意味で使われているでしょうか?「安全運転」などというときの「安全」とはちょっと違うようです。

ここでのsafeは "certain to do; sure to become"[Oxford Dictionary]の意味で、日本語なら「無難」くらいの訳語があてはまるでしょうか。バレンタインデーの話を思い出してください。本来は男性から女性にプレゼントしてもいいし、相手が喜ぶものなら何を上げてもいいはずです。だから超イケメンで競争率の激しい彼の心を射止めるために何か人とは変わった物をプレゼントするという手もあります。たとえば彼が酒飲みで珍味が大好きだとしたらバレンタインデーに極上のイカの塩辛をプレゼントして振り向いてもらってもいいわけです。しかしドン引きされる可能性もあります(笑)。だからみんなsafe(無難)なもの(現代日本人ならチョコレート)をプレゼントするわけですが、「何が"無難"か」は本人の意思よりもっと大きなpowerによって既に設定されている。それが"agenda-setting"でした。(ただし「チョコレートを選ばせるpower」がlegitimate(正統とか権威)というほど大げさなものではないと捉えれば「power第三の顔」のほうに入るので、この例は以前解説したときは「第三の顔」のほうに挙げておきました。)


[54] Given the four definitions of the word "co-opt" below, which one best suits the usage...in the the 7th paragraph?

 キタ――(゚∀゚)――!!というやつですね。またまた「文脈の中での意味」を問う出題です。辞書的には"co-opt"のdefinitionとして選択肢の4つとも全部、正しいので、この単語がparagraph 7 ではどの意味で使われているかパラグラフ全体を正確に読み取って考えなければ正解を選べません。人工知能付き翻訳マシーンに負けないよう頑張りましょう(笑)!
paragraph 7 はStockholm Syndromeが具体例として出ていた段落です。これは人のある行動を観察したとき、それがどこまで「voluntarism(自発性)」を持っているか見極めるのは困難だということがトピックになっていました。
voluntary(voluntarismの形容詞)の反対はcoersive(power第一の顔)でしたね。
つまり
voluntary(マインドコントロール)←→ coercive(洗脳)
という対比が見えます。

それを踏まえて問題で聞かれている"co-opt"が入っている文を見るとパラグラフ7最後の文
...it can be an indirect source of co-optive power, but if the force is directly coercive, then it is...the first face of power.
ここでも逆接butを挟んで
       co-opt ←but→ coercive
という対比が見えます。ということはこのパラグラフでのco-optの意味は、coerciveの反対概念つまりvoluntaryなものを選べばよいとわかります。  そこで正解は

   3. To persuade or lure (an opponent) to join one's own system, party, etc.
これは問題[52]で使った「双方向、協力的」vs「一方的、上から目線」という対比と根本的には同じものですね。実はこの論文全体で筆者の一番イイタイコトも、洗脳とマインドコントロ―ルを分けるこの対比概念です。ちゃんと読解ができているか試すうえで重要なポイントだから何度も問題で聞かれているのでしょう。

[55] How can the second face of power avoid coercision and still exert power over others?

Power第二(と第三)の顔は、マインドコントロールする者の思い通りに動かされていることに「本人が気づいていない」ところが特徴で、これが洗脳との大きな違い(対比)でしたね。よって
command power..invisibly
people are not even aware of = hidden
というマインドコントロールを説明したキーフレーズが入っている2.が正解。

[56] What is the point of introducing the teenage boy's story in the 6th paragraph?

    この質問文にあるWhat is the point of V-ing? は「~することにどんな意味があるの?」と聞く表現で日常会話やメールなどでもよくつかわれます。単純に質問する場合のほかにも「~するのに何の意味があるのよ?(・・意味ねえじゃん。)」と、反語として「ムダだよ」と言いたいときにも使われます。誰かが何か提案したことに対して、ただ一言"What is the point?(意味なくね?)"と言い返すこともできます。こういう反語表現を英語でrethorical questionと言うんでしたね。覚えておくと便利な表現ですが、喧嘩を売ってるみたいに聞こえないよう、使う相手や場面に気を付けましょう。
 さて問題[56]は反語ではなく純粋に質問しているだけですが「女子の気を惹きたい中高生の男子が選ぶファッションの話」を紹介するのには、どんな意味があったでしょうか?これもバレンタインデーのプレゼントに何を選ぶかという話と同じで、本人が気づていない「見えない」powerによって選ばされている具体例でしたね。
よってinvisibleというキーワードが入っている

1. One's preferences are subject to invisible factors.

が正解です。

[57]The Stockholm syndrome is cited in the 7th paragraph to show that:


 さっきの[56]と聞き方の表現が違うだけで、paragraph 7で「ストックホルム症候群」を紹介するのには、どんな意味があったでしょうか?という質問。
 ストックホルム症候群といえば「戦後の日本人」でしたね。皆さんの周りにも、いまだにアメリカ人が正義の味方だと勘違いしたり、英語ができてアメリカ人のように振舞えば人から尊敬されると信じて必死にアメリカ人に合わせようと(identify with)したりしているストックホルム症候群の生きた標本がたくさんいるでしょう(笑)?あるいは私が説明のために並べた「アメリカ人」の実態を読んで反発したくなった方(笑)は、まさにストックホルム症候群そのものでしょう。この人たちは「freewill(自由意志)」に基づいて「voluntarily(自発的)に」そうしているのでしょうか?それとも「invisible(見えない)power」によって動かされているだけでしょうか?きれいに線を引いて、どちらに入るかを決めるのは難しいという具体例としてこのストックホルム症候群の患者(笑)や、ブルカやベールをかぶっている女性が紹介されているのでした。
よって2.のfree willというキーワードが入っている選択肢が正解。
freewillの反対(対比概念)はcoercive = no freewillだということもおさらいしておきましょう。

[58]こういう問題を解くときは自分でslash(区切り)を入れて合っている部分に〇、間違っている部分に×をつけながら読むとわかりやすくなります。
例えば、
1. X limits Y's choices ...ここに×をつける(この部分はthe 2nd faceの説明だから)。
2. X helps to shape Y's initial preferences..〇。 Y is unlikely to be aware = by invisible factors...〇 ←全部正解。  
3. X uses threats or rewards ...この部分に×,  Y knows this = aware...ここも×  (脅迫や誘惑されたり、powerに常に気付いているのはthe 1st faceの場合)。
4. X forms Y's beliefes and preferences by changing Y's situation...ここに× (the 2nd faceのことだから), Y knows...この部分も× (the 1st faceの場合だから)


[59] Which of the following is NOT an example of a milieu goal?
  Paragraph 9でキーワードになっているmilieuとは何でしょう?私はこの単語は知りませんでしたので調べてみるとフランス語から来た言葉でした。ちょっと悔しかったので(笑)ついでにどれくらいの英語力の人が知っている単語だろうと疑問に思いインターネットのweblio辞書を見ると、「milieu」という単語は
レベル:10(最も難しい)
学校レベル:大学院以上の水準
英検:1級以上合格に覚えておきたい単語
・・・とありましたから、出題者は大学受験生(高校3年生)がこんな単語を知っているのは期待していないだろう(笑)とわかります。それでも問題にしているということはパラグラフ全体を読んで意味を推測しなさい、というわけでやはり読解力を試しています。
そこで第9パラグラフ最後の文を見てみましょう。


Focusing solely on..the first face of power may mislead us about..such goals.


power第一の顔ばかり注目ていると「そのような(such)目標」を見失うかもよ、と言っていますが、「そのような」は何を指しているんでしょう?・・と考えながらさかのぼっていくと、ひとつ前の文の最後に「milieu goal」と出ていますから、「そのような」は直近の、このmilieu goalを指しているようです。
さて問題[59]はNOT milieu goal、つまり「power第一の顔ばかり見ていると見失ってしまう」ような目標ではない目標、すなわち「power第一の顔ばかり注目している」目標を選べばいい、とわかります。
power第一の顔は「一方的、上から目線」でしたね。よってlegitimacy(権威、正統性)という第一の顔を象徴するキーワードがある3.が正解です。
確認のために、それ以外の選択肢を見ると1. aid 2. public (この文脈では「草の根的、大衆的」の意味) 4. internationalという言葉が入っています。どれも「双方向、協力的」で、3.のlegitimacyとは対照的ですね。だから3.以外は「power第二、第三の顔」のことを言っているとわかります。
[60]はthe reason the author does not put the three faces of power togetherを探せ、という問題。paragraph 10の初めに次のような文があります。 


The reason not to collapse all three faces of power into the first is doing so diminishes attention to networks.・・・A


☝これと意味が同じになる選択は☟


4. Less than a 3-way distinction fails to capture the relevance of networks to power.・・・A´


このように同じ内容を別の表現を使って言うことを「paraphrase(言い換え)」といいますが、[60]は結局、文Aのparaphrase (A´)を探せという問題ですね。この出題スタイルはいろんなレベルの大学入試そして英検でも使われているので、慣れておきましょう。


ついでに選択肢2.と3.は難関大学の出題パターン。選択肢の一部は合っているけど、一部は間違っているやつですね。
2. the first face is hard power ... 〇, while the second and third are soft power...×
3. the first face of power is visible ...〇, while the remaining two (2nd & 3rd) are invisible..△(2nd faceはvisible/invisible両方あるから△で)



 大学受験生にとってはちょっと長い論文でしたが、ようやく読み終えることができました。いかがでしたでしょう。
途中、英語だけでなく理科や古文や保健体育で学ぶ知識までありましたが、学校で習う勉強が本当は誰にとっても面白くて、しかも生きていくのに役立つものなんだと思えてもらえたら幸いです。
といっても私はずっと勉強が好きだったわけではりません。実は小さいころから、やれば勉強はできたほうでしたが、一番勉強しなければいけないはずの高校3年生から大学にかけては全くといっていいほど勉強しなくなりました。今から考えるとこれもCOINTELPRO工作の影響だったと思いますが、とにかく当時、「いい大学」に入るために、知識を詰め込むことに意義を見出せなくなっていました。


それが30代も半ばを過ぎてから突然、暇さえあれば本を読み大学の講義を聞いて真剣に勉強するようになりました。そのきっかけはCOINTELPRO(集団ストーカー)犯罪で父親を亡くしたことでした。
 昨夏から仕事で福島県に来ています。地元の図書館で震災の証言記録を綴った本やビデオを閲覧すると、父が亡くなった時の自分の心境と類似の心的体験をされた方が多いことを知らされます。私も「目の前の光景が現実とは思えない」「悪い夢を見ているだけだ」と何日も呆然自失の状態が続きました。


ただ違うのは、当時COINTELPRO(集団ストーカー)犯罪は、ただの精神病者の妄想扱いにされ誰も理解しようともしてくれないこと。そして北朝鮮人による大量誘拐犯罪のときと同じように、何のいわれもない人間が苦しめられ死んでいるのに、そして自分も命の危険にさらされているのに、正義のかけらもない腐敗した警察官らはもちろん、裁判官や弁護士その他の公的機関も何の役にもたたないし、誰も手助けなどしてくれないことでした。
朝が来るたび、布団の中でこのまま永遠に目が覚めなかったらどんなに楽だろうにと嘆いても現実は向こうから容赦なくやってきました。毎日たった一人で気をしっかり保っているだけでも筆舌に尽くしがたいほど大変な状況でした。こうして被害者の多くが加害者に背中を押され、自ら命を絶ち、あるいは自暴自棄になって過激な行動に走り、あるいは孤立感からカルト宗教や当の加害者の集団ストーカー組織に取り込まれる悲劇が繰り返されてきました。

しかしこのどれに陥っていてもおかしくない自分をなんとか難所から救い出してくれたのが、小さいころ親が身につけさせてくれた、本を読んで自ら物事を学ぶ習慣と、読書や学校で習った世の中の現象を論理的に考える態度だったと思います。

でも、理性が精神的パニックを防いではくれても、肉親を亡くした苦しみや悲しみ、その後もつきまとい続けてくる集団ストーカーの被害までは止めてはくれません。そんな中で自らの命を削るような思いで学んだことが、私の本当の「勉強」でした。またそれは父が命と引き換えに残してくれたお金を資金にして果たすことができた2度目の留学で学んだことでもあります。

そこで発見したことは我々は例えば「日本人」や「アメリカ人」である前にただの同じ人間だということです。親が子を想う気持ち、子が親を想う気持ちはどこの国の人間だろうと変わらない。そしてこれは「死んだらそれでおしまい」になるような関係ではない。


アメリカ人にとって、アメリカにいる日本人の私は、人権などを保護してやる義務などあまり感じない、いち「外国人」にすぎません。さらにCOINTELPRO(集団ストーカー)というのは、もともとアメリカ人が考案しシステム化した民衆弾圧の手口ですし、アメリカ人の集団ストーカーによる危害は日本で受けるものより、もっと卑劣で悲惨でした。


しかし毎日24時間365日被害を受けても、それでもCOINTELPRO犯罪で父を亡くした遺族として抗議を止めない私を見て、初めは笑っていた多くのアメリカ人たちも、やがて私の言うことに耳を傾けてくれるようになりました。
その一人が、大学の学生課の主任だった女性でした。キャンパスのあらゆる場所で2年にもわたり執拗にストーキングしてくる中国人の男がいたのですが、この被害について相談したところ、私の知るアメリカ人のなかで初めてorganized stalking(集団ストーカー)についてその存在を認め、彼女の親戚のなかにも被害を受け耐え切れず、強制入院だったのか自分からかは定かではないけど、精神病院に入れられた身内がいることを打ち明けてくれました。

 また大学当局へ正式に被害届を出すことにも嫌な顔ひとつせず親身になって協力してくれ、大学からの回答を受け取ったり、加害者も含めて解決策を話し合い決定するまで、何度か彼女のオフィスで個人面談をしました。

 そんなある時のことですが、雑談で今取っているクラスのことや先生についておしゃべりしているうちに、私の大学の成績の話になりました。留学当初はF(落第)を取るクラスもあったほどひどいものでしたが、次第に成績は上がって奨学金がもらえるほどになり、彼女と面談をしたその頃には毎学期、straight A(オールA)に近い成績をキープしていました。(ちなみに最後は学部で2番の成績で卒業できました。エヘン:)

 そこで彼女が「毎日そんなにひどい危害を受けてて、どうしてそんないい成績がとれるの?」と聞いたときのことでした。そのとき、亡くなった父と母はともに教育熱心だったこと、なのに勉強しなくなった自分を父は亡くなる当日まで嘆いていたこと、その父がその日、自宅の風呂場を血の海にしながら苦しんで死んだこと、そして父が残してくれたお金で今、自分がアメリカで勉強ができること等々・・・ずっとこらえていた想いが一気に込み上げてきて、彼女の質問に答える言葉の代わりに出てきたのは、なんと大粒の涙でした。

 週4日は道場に通ってアメリカ人の大男にもまれ武道の稽古に励み、毎日彼らと同じかそれ以上の量の高タンパクな食事をとっていた私はアジア人にしては割と大柄に見えたようですが、そんなむさ苦しい日本人のオッサン留学生が突然、女性の目の前で大粒の涙をボロボロ流し泣き出したのですから、彼女もさぞ困惑した顔をしていました(笑)。しかし私はしばらく嗚咽をこらえるのがやっとで、ようやく言葉になったのが「父の苦しみに比べたら、こんなの、なんでもないから・・」でした。この日の面談もお互い忙しいスケジュールのなか、両者ともに時間が空くのはそのタイミングしかなかったので、その日を選んだんのですが、奇しくもそれは「ハローウィン」の夜のことでした。

3.11震災当時まだアメリカの大学に留学中で復興に関しては何もできませんでしたが、卒業前に文化人類学の授業で書いた論文は、震災で日本人が取り戻した宗教観をテーマにしました。それが当方の初代ブログ『拝啓 ギャングストーカー犯罪者の皆様』
の締めくくりでもあるこちらの記事です。よかったら見てやって、拙い英文をおちょくってやってください(笑)。
Religion and Ethnicity in Crisis
americanobotsuraku.blog132.fc2.com/blog-entry-93.html

このリサーチ中に見つけたJonathan Watts著 "This Precious Life"という本に、今、私がいる地域が取り上げられていて、かつてここを治めた相馬氏は関ケ原以前から江戸時代まで一度も藩主替えがなかった珍しい土地柄で、地縁が非常に強く、またお寺がコミュニティの住民をつなぐ伝統文化がちゃんと残っていることが震災後の心的混乱をうまく乗り越えることができた要因だとして英語で紹介されていました。

そのときから一度この地方を訪れてみたいとずっと思っていましたが、ようやく念願かなって現在は南相馬市で復興関連の作業員をしています。
最初に感じたことは親切な人が多くて、あと御飯(米)と水がおいしいということでした(笑)。作業員宿舎からは遠く西方に連なる山々を眺めることができます。秋頃は一日の仕事を終えマイクロバスで宿舎に戻る頃ちょうどこの山々にお日様が沈んでいくのが見えるのですが、そんな何の変哲もない景色にも思わず見とれてしまうほど自然が美しい所です。
休みは日曜しかありませんが、暇を見つけてはこの地方の文化伝統を学ぶために神社仏閣や史跡を巡っています。どこの集落にも神社や祠がたくさんあって、修行者のために彫られた磨崖仏やそれにまつわる物語なども見ることができ、この土地に大切に受け継がれてきた信仰心の篤さが窺えます。

そんな休みのある日、鹿島区の海岸近くにある古刹をおとずれた帰り道、すっかり津波で流され見渡す限り更地になったまん中を走っていると、ふと「何かある」気がしてバイクを止めました。そこは津波が神社を流し去った跡で、今は小さな仮の祠が建てられ御刀神社と書かれていました。そこで目に留まったのは仲良く二つ並べて祠に供えてあった手作りの幼い子供の人形でした。どういう方がどういう思いでこれを供えたのか詳しく知る由もありません。しかし、私はここにも「親が子を想う気持ち、子が親を想う気持ち」を見た思いがしました。それは津波が物質的なものを全部流し去っても、なお流されることの決してない、気の遠くなるほど深く長い繋がりに見えました。

この心の強さ深さに比べたら、自分の利益しか考えずマインドコントロールで他人を利用してやろうと企んでいる連中の心がなんと小さく見えることでしょう。自分以外の人間を大切にできる心が、もてれば集団マインドコントロールから自分を守ることなど、たいしたことではなくなります。自分をコントロールしようとしてくる人間より、懐の広く深い、大きな人間になっているわけですから。

もしかしたら不遇な環境で育ち、親の愛情を感じられない人もいるかもしれません。しかし、ほとんどの場合は単に自分が我儘で、親に求める物が過大すぎるために不満が募っているだけのように思われます。恥ずかしながら私自身もそうでした。父親と口論したり激しく腹を立てたりすることもあり、父が亡くなる当日など、部屋に入って来て私の体たらくぶりを嘆く父に「ちぇ、またいつもの小言か」と腹立たしくなり、そっぽを向いて無視していました。まさかそれが父と言葉を交わすことができる最期の時になるともしらず。親不孝を謝りたくても、償いたくても、もう親はいません。だからこんなバカな私みたいに後悔する人がひとりでも減るように、せっせと拙い文章をしたためています。

あるいは親から虐待などの本当にひどい仕打ちを受けた人もいるかもしれません。こればかりは経験のない私は何もいえません。ただ語幣を恐れずに言うと、その場合でもどこか何かに救いがあったから命を永らえることができたのではないでしょうか。なにせ自分の赤ちゃんをコインロッカーに捨てていく母親がいる時代ですから。とにかく自分で食べ物を手に入れることができるようになるまで守ってくれた誰かがいたから今日があるのではないでしょうか。そう思うと根が単純な私などは、少しでも人のためになれるよう残りの人生の時間を使おうと思ってしまいます。


北九州や尼崎の連続殺人事件を起こした主犯格や教唆犯らは様々な洗脳・マインドコントロール手口を使って被害者の家族を崩壊させ、抵抗できないようにしたうえで、罪のない普通の人々の命を次々に奪っていきました。そんな壮絶な極限状態のなか本物の強さ、やさしさを教えてくださった女性がいました。これは大災害後の混乱の中、東北の人たちが見せてくれた人間の強さ、やさしさと同じものだと思います。残念ながら、この女性は亡くなられましたが、『家族喰い ― 尼崎連続変死事件の真相』 小野一光を拝読すると、ご自分の命の尽きる最後の最後まで他人を思いやる心を忘れず、またそれに呼応した他者からの思いやりが、一瞬にして恐怖の洗脳を解いてくれた事実を、その尊い命を犠牲にして教えてくださっています。是非同書を手に取ってご一読ください。


「彼女は人が変わったみたいに淡々としてました。それに一切目を合わせようとしないんです。マサが常に見張っていたんですけど、隙を見て私は彼女に『知り合いに頼んで助けることができる。もしあなたが助けてとひとこと言ってくれたら、その人に頼んでなにがあっても助け出す。お願いやから、うんと言って』といいました。すると、それまで淡々としていた茉莉子さんの目に涙が浮かびました。けどぐっとこらえて目をそらしました。それで・・・私は彼女を助けることができなかったんです。それがいまだに後悔として私のなかに残っています。

 帰り際、茉莉子さんは誰にも見つからないように、私にエルメスのクリッパーという時計を手渡しました。そして小声で『高価なものを持ってたら取られるから。これ、持ってて』と囁きました」

 そのときに一瞬見せた表情は、斎藤さんが知る「めっちゃええ子」の茉莉子さんだった。彼女は最後に素顔を見せて、斎藤さんの前から姿を消した。それが今生の別れとなった。

小野一光 『家族喰い ― 尼崎連続変死事件の真相』


こうして他者を思いやる心を持つ努力がそのまま「マインドコントロール予防」にもつながることは、もう説明の必要はないですよね。マインドコントロールとは自己中心的な欲につけ込まれて、騙され利用されるものですから、はじめから利己心を捨てればマインドコントロールにかかりようがないというわけです。

さて、この辺で「集団マインドコントロール予防授業」は終わりにしたいと思いますが、 自分をコントロールしようとしてくる、例えば集団ストーカーのような人間よりも、大きな人間であるための努力は一生続きます。最後に一言。ここに書いたことは、ほとんどすべて、私が考えたことというよりは、ほかの誰かに教わったことを実生活で確かめてみて、やっぱり正しかったと、わかったにすぎません。だから私はこの「授業」の先生ではなく、あくまでもいち生徒です。 こんどはこれを読んでくださっている皆さんが私に教えてくれる番です。これからもどうぞよろしくお願いします。


This Precious Life
   From the Kamakura period beginning in the late 12th century up to the abolishment of feudal domains and creation of prefectures [ken] in 1871, the communities of Soma have never been moved and have been one continuous domain...
  In this way, the Soma "family" is kind of like the emperor's family. For generations, the region has been tightly held together, especially at my temple. It is the family temple of the Soma clan...(Rev. Tanaka, p.25)
     'My strrugle to Revive the Cultural and Natural Heritage of Soma in Fukushima'

  Rev. Toku-un Tanaka is a Soto Zen (曹洞宗) Priest and is the abot of Dokei-ji temple (同慶寺) in the Odaka ward (小高区) of Minami Soma, some 17 kilometers from the nuclear power plants.
J. watts, This Precious Life: Buddhist Tsunami Relief and Anti-Nuclear Activism in Post 3/11 Japan
www.amazon.com/This-Precious-Life-Buddhist-Anti-Nuclear/dp/6167368201/ref=sr_1_4


Profile

cointelpro mk ultra

Author:cointelpro mk ultra
The writer of 『拝啓 日本のギャングストーカー犯罪者の皆様』(Dear COINTELPRO Criminals) <集団ストーカーの死> (The Death of COINTELPRO Stalkers), and "Unprecedented Human Rights Violation" Discussion Room / Study Room. Also a co-editor of 「新しいタイプの人権侵害・暴力」(Unprecedented Human Rights Violation)

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR