FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掠めとる者が掠め取られる

 3.11メモリアルデーが近づいています。

先日、原発事故後も牛の殺処分をしなかった牧場を見学してきました。 オーナーさんに「こういう活動をしていると嫌がらや圧力はありませんか?」と質問すると、「当然あります。でも、そんなのに負けてはダメ」と力強い、お返事をいただきました。

COINTELPRO(集団ストーカー)という権力犯罪を告発し続けている私も、福島県に来てからも、もちろん危害は毎日続いています。 今年2017年2月にアパートを借りた直後は、地元の警察犯罪者によるパトカー(いつも同じのでストーカーを繰り返すのでその警察犯罪者らの顔やlicenseナンバー・福島80-26を覚えてしまったほど)や白バイでのつきまといが、しつこく露骨になりました。

またアパートの部屋への不法侵入しての高価な所有物への器物損壊(既に被害額20万円相当になっています)、あるいは高額の物とはいえず警察に届けようとしても受理されにくいが心理的に非常にダメージを受ける(と犯罪者が考えている)ような物の窃盗危害も頻繁になりました。 例えば朝、シャワーを浴びている10分程度の間や、(このブログを投稿した3月9日の晩には)食事を取っている最中、襖一枚挟んだ隣部屋に侵入してきて、それがわかるような、細工をしていくことも続いています。

またある夜中に犯罪者が不法侵入中に私が突然目覚めたときは、その犯罪者が慌てて逃げていくのと同時(かまたは直前)に、真上の2階の部屋でも慌てて飛び歩く音が聞こえたので、思考解読機器を2階に置いて、睡眠や目覚めの脳の状態を監視し、不法侵入者に逐次、情報を送っているとも考えられます。公安犯罪者による催眠強姦犯罪に詳しい関係者の方なら、その状況がすぐに目に浮かぶのではないでしょうか。

さらには、公安警察犯罪者が濫用している思考解読機器だけでなく(英語圏でelectronic harassmentと呼ばれる)非公開の電磁凶器を使っての脅迫・拷問被害も連日繰り返されています。

集団マインドコントロールされ集団ストーキングに協力している地元住民もたくさんいますが、興味深いのは、かれらが一枚岩ではなく様々な思惑を抱く団体が利己的な欲望から、入り乱れている様子が観察される点です。集団ストーカーの加害者同士がお互いに個人情報を窃盗し合い、陰でほのめかしし合っている姿も見られ、かつてシュタージの最高幹部ミールケが、自分たちがやっている監視のあまりの凄まじさを見て、自分自身も同様に24時間監視されているのではないかという強迫観念からノイローゼになっていたという史実が思い起こされます。

無論それは強迫観念ではなく現実のことでしょうが、日本人同士あるいはアジア人同士で集団ストーカー犯罪をしあい、不毛な時間をの浪費している姿については、関わっているすべての人間のすべてのプライバシーがエシュロン等を使って記録保管されている事でしょう。


3.11メモリアルを控え、表面的には落ち着いて見えるFukushimaの街ですが、かえってこの静けさは、1989年6月6日に天安門で大虐殺が行われた後、同事件の記念日がくるたびに中国政府が民主化活動家の監視と弾圧を厳重にしたため、毎年6月6日の天安門広場は不気味なほどひっそりとしていたことを彷彿させます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

cointelpro mk ultra

Author:cointelpro mk ultra
The writer of 『拝啓 日本のギャングストーカー犯罪者の皆様』(Dear COINTELPRO Criminals) <集団ストーカーの死> (The Death of COINTELPRO Stalkers), and "Unprecedented Human Rights Violation" Discussion Room / Study Room. Also a co-editor of 「新しいタイプの人権侵害・暴力」(Unprecedented Human Rights Violation)

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。